About Me

2018年1月から5月まで北欧デンマークのフォルケホイスコーレに留学していた、ERIと申します。
デンマーク北部にあるHavnsøという海辺の街のHøjskolen for Bevidsthedsudviklingで、5月まで4ヶ月間過ごしてきました。
2018年7月より、夫の駐在に付いてアメリカニューヨーク州東部のロングアイランドに拠点を移しました。

◆モットー
・自分の感性や持って生まれたものをフルに活かして自分らしく生きられる社会をつくりたい
・自分がハッピーだと感じることを自由に追求できる社会をつくりたい
というのが私のモットーです。
そんな社会こそが、特別な贅沢をしないでも何気ない毎日の中で幸せを感じられる、豊かな社会なのかなと思っています。

◆略歴
4歳まで東京で育ち、その後5年間は父の仕事で南アフリカ共和国ヨハネスブルグに駐在していました。
9歳で帰国してからは東京の中高に通い、上智大学に入学。そこで第二言語習得を専攻していました。
大学3年時には、1年間アメリカのペンシルベニア大学に留学していました。

新卒で大企業に入社し、3年半人事業務を経験。
ここまで堅実路線で生きてきましたが、どうしても教育業界に身を置きたいと思い、当初社員20名だった無名の教育ベンチャーに飛び込みました。
そこで北欧留学を思い立ち、キャリアを一度脇に置くことを不安に思いながらも、『LIFE SHIFT』にある通りこれからは人生100年時代だし!と考え、2017年9月に退職しました。

◆フォルケホイスコーレ留学を決めるまで
幼少期に国籍の異なる人達に囲まれて育ち、”他人と自分はこんなに違うんだ”と純粋な感動を覚える機会が多かったせいか、自分のアイデンティティやその人ならではの個性といったものにずっと興味を持って生きてきました。
でも、日本で長く集団に属していると、暗黙のもの含め無数のルールにしばられて、いつの間にか違いを憎んだり、自分自身を曲げてまで集団に溶け込もうとしてしまうようになり、自分が大事にしてきた信条のようなものがどんどん崩れていく感覚がありました。

そんなことに生きにくさを感じていた1年ほど前、ひょんなきっかけでデンマークのフォルケホイスコーレ(※)を知り、なんとなく、でも強く惹かれる何かを感じました。
そこから夢中でフォルケホイスコーレに留学経験のある方のブログを読んだり、お話を伺いに行ったりしたのですが、
「他者の中で生きる自分を見つめ直す」「自分自身と向き合い、本当の豊かさを考える」といったキーワードが共通しており、そんなリトリートな時間を過ごしたいという気持ちを強めてきました。
※フォルケホイスコーレは、デンマークに70校ほどある、豊かな人生の生き方を考えるための大人の学校です。

デンマーク人は、
・自分がハッピーになれることを見つけて実行する天才
・自分の持ち味と他者の持ち味を尊重し、それをかけ合わせて新しいものを生み出す天才
だと思います。

そんな彼ら、そして彼らが暮らすデンマークという国から、私の思う「幸せ」のヒントをたくさんもらい、それをこのブログで共有できたらと思っています。

◆SNS
Facebook:ブログ更新情報や海外生活の状況等を随時投稿しています。アカウントはこちら
ご興味のある方はお気軽にフォローしてください。

公開日:
最終更新日:2018/10/24